推しメンが卒業してから12日目に熱愛発覚した ~マーケ脳でレッツ現実逃避☆彡~

※この記事は筆者が自身の精神安定をはかるために執筆しております (事の発端) headlines.yahoo.co.jp うん。おめでとう。 ほっこりするエピソードに元みさみさーくる民としては安心するばかりです。 99%野球選手と結婚するんだろうなとみさみさーくる一同…

【CS必見】カスタマ―サクセスドリブンな組織ってどう実現するの? ~勝手に「JCSC #7」の内容をまとめてみた

おはこんばんにちは、hoozmです。 先週のプライシングナイトに引き続き今日もイベントレポのお時間です。 ※前回の記事はこちら hoozm.hatenablog.com ちなみに今回のイベントはこんな感じ。 jcsc07.peatix.com ・・・参加者150名越えの大型イベントです。た…

大盛況だった「プライシングナイト #1」 を勝手にまとめてみた

おはこんばんにちは、hoozmです。今回は久しぶりのイベントレポです。 ※こんなイベント行ってきました pricetech.connpass.com B2B Saasにおいて、悩むのがプライシングであり、悩む方は多いのではないでしょうか?(僕も悩みましたし、未だに答えとなるもの…

7社目でReproを選んだ理由とやりたいこと ~入社エントリーに憧れて

※いわゆる入社エントリー的なものに憧れがあったので書いてみようかと。笑 以下のブログでも言及していましたが、2019年1月より正式にReproにジョインしております。 hoozm.hatenablog.com 社会人5年目が終わるタイミングで7社目で働いているという、下手な…

主観と錯覚。無意識に縛られる私たち

※今回記載する内容はあくまで客観的に捉えた事象に関する話であり、その優劣については言及外です。優しい目で眺めてください。 昨今において、女性の権利についての言及をよく目にするようになった。いわゆるフェミニズムである。とりわけSNSでは、何かそう…

僕なりの30分でブロクを書くときの方法 ※結局は思いつき

※これは実験的な取り組み(思いつき)であり、僕の私見を垂れ流すだけなので軽い気持ちで読んでください。笑 はじめに 昨今twitter界隈においてブロガーやライターの発言の場が増えており、サロンなどを主催して有料コンテンツを提供している所謂インフルエ…

準備とは。死と向き合うということ。

2019年1月2日の昼過ぎ。母方の祖母が旅立った。1月2日は祖母の誕生日でもあり、家族で祖母を祝った2時間後に最後はやってきた。 母が隙間時間を見て、小一時間の買い物に行き、帰ってきた後のことだった。母に様子を見といてと言われたので、僕は15分に1回は…

理想からの逃走。現実への逃避。

※2019年に対する抱負的な面が強い 昨日(厳密には一昨日)に2018年の振り返り記事を書いた。 死について。あるいは自分本意を貫く重要性。 - HOOZMのブログ この記事を書いてる際に、実は2018年にもう1つ感じたことがあった。そして、その事柄はどちらかという…

死について。あるいは自分本意を貫く重要性。

※2018年を個人的に振り返るための備忘録な側面が大きいです まずは去年、僕が何を感じて2018年をどう見ていたかから。 hoozm.hatenablog.com 振り返ると2017年のテーマは裏切りであった。そして裏切りを経て感じたのが自分本意の重要性であり、2018年の裏テ…

実は「親=経済ヤクザ」ではないかという話

親という存在は子供にとって偉大である。 基本的に子供は親の愛情がなければ、この世で成長していくことが出来ない。それが親でない場合でも所謂大人の庇護を受けることでしか成長することが出来ない。 さて、そんなよちよち歩きな子供が成長したとして、果…

コストから考える性善説と性悪説

仕事において考えなければいけないのが、成果や結果に対して、どれだけコストがかかるかということ。 どんなに良いアウトプットをしても、コストがそれに見合わなければ、良いアウトプットだったと言われないことが多い。 ここでいうコストとは、どれだけの…

Hacking HR! #3に参加したので内容をまとめてみた!

Hacking HR! #2のLTまとめ記事を書いた矢先にHacking HR! #3に参加してきました!今回こそは早くまとめ記事を出そうということで家に帰って速攻でPCを開き、ブログ執筆なうです。 恐らく後で加筆修正は行うと思うわれますが、どこよりも早くまとめ記事をアッ…

Hacking HR! #2で話せなかったことをここでまとめてみる

8月29日に「Hacking HR! #2」で登壇してきたのですが、ここでは上手く伝えられなかったことたくさんあるなと思い、今更ながら自分の登壇内容を少しアップデートしてブログに書いてみたいと思います。 ※登壇したイベントはこんな感じ、月1で開催されてます ha…

【まとめ】個人的に読んだ方が良いと思う良書をご紹介!

この世にはたくさんの本があり、どれを読んでいいか分からないってことたくさんありますよね。※けっこう読む方ですが、それでもたくさんありすぎる、、 実際に先週1週間で4名に「おすすめの本を教えて!」と聞かれました。 ということで、今回はジャンル別に…

幽霊は存在するのか

幽霊は存在するのだろうか。 この議論は昔から多くの学者たちによってアプローチが進められてきている。 科学なんて存在しない時代に「異常現象が発生する」→「説明がつかず目に見えない何かによって引き起こされたと信じる」→「信仰が生まれる」という流れ…

ポジティブになるにはどうしたら良いのか

私は多くの人たちがそうであるように基本的に悲観的な人間である。これは一般的でもあるだろうが、自分の良いところよりも悪いところの方に目がいってしまう。 マクロで見ても基本的に毎日世界が後退しているかのように悪いニュースが流れているし、多くの有…

顧客満足は果たして機能だけから生まれるのか?

最近になってCSという仕事をするようになった。 以前はカスタマーサポートと考えられることが多かったが今はカスタマーサクセスの時代である。 受動から主動に変わり、マイナスをゼロにするのではなく、ゼロをプラスにし、コストセンターではなくプロフィッ…

ABMを軽視するbtobスタートアップは伸びないと思う

ボードゲームにおいて、相手の重要なコマを早期に取りにいくことは、その後のゲーム展開を有利にするための定石である。 将棋で例えるなら序局に飛車と角のいずれかを取れれば、その後にとれる戦略は大きく変わる。 これはビジネスにおいても同じことが言え…

役職というよりも役割だと思う

多くの企業では、基本給に加えて役職給がある。 マネジメントというものは専門業務であるので納得する。 そのため多くの企業において、昇進→役職つく→給与アップとなる。 これ自体には問題はない。新しい挑戦を与えることは素晴らしいことだし、責任範囲も増…

たぶん一生「仕事が出来る」とは心から思えないんだと思う

「仕事が出来る」という評価は、大きく分けると以下の2つの視点がある。 周囲からの評価 自己評価 周囲からの評価というものは、冷静な周囲の視点からの判断になる。目標達成とか別の人材の比較といった、わりかし測定可能(比較可能)なものである。 対して…

市場における普及はb→c→bの順番で回っているのではないか?

これはずっと思ってる。 基本的に新しい技術は研究によってうまれる。インターネットだってもとは軍司技術だ。 新しい技術は基本的に一般的に人の目に知られないところでまずは使われていく。 そしてある程度の時間が経つと、それを一般大衆向けに転用しよう…

信用ではなく真の信頼関係による推進力は感情の共有から始まる

ある経営者が「本当の意味での信頼関係は感情の共有がなければ築けない」という話をしていた。 本当にその通りだと思う。 ※ここからはこの話に関する個人の解釈を書き連ねます。笑 個人の見解として、そもそも人間は感情というロジックで行動する動物である…

ミッションやビジョンを感情で納得させる導線設計がカギなんだと思う

ベンチャーやスタートアップで働いているとミッションとかビジョンとかそういう理念的な類いの話が増えてくる。 なくても良さそうに見えるが、大きな成長を遂げている会社は往々にして、このあたりがしっかりしている。 最近だとメルカリとかアカツキ、海外…

コミュニケーション能力というよりコラボレーション能力が必要なんだと思う

最近流行りのデザイン思考を考えた結果、個人的には以下の2つの結論にたどり着いた。 アイディアを出すためには一定の思考時間が必要。※閾値は人と事象に依存する 1人でやるよりも、人と一緒に考える(≒コラボレーション)方が効率的であり生産的 アイディア…

「自分は仕事が出来ない」という事実と付き合うということ

※ほとんど自分用の戒め 残念ながら私は仕事が出来ないらしく、たぶん一生に渡ってこの事実と向き合わなければいけないと思う。 現時点の自己評価としては、100点中5点くらい。マイナスではないと信じたいも加点要素が少ないのでこんな感じ。 60点が会社にい…

努力点という功罪

※新入社員が入る時期なのでそれ向けと自分への反省を込めて 「努力点」という言葉が日本の教育には存在する。要は「頑張ったから、その分も考慮します」ということである。 私は昔から努力点という言葉が嫌いだった。自分の方が点数が高いのに、真面目に頑張…

正しいリソース配分にいきつくという思考力について

世の中には様々な人種がいるが、特にベンチャーやスタートアップの界隈には特異な思考をする人が多い。 よくよく話してみると地頭がそもそも違うという場合もあるが、ほとんどの場合はその人のポテンシャルを最大限に発揮しているだけという場合が多い。 む…

食戟のソーマは若手必読の漫画だと思う。

ベンチャー経営者の中で、バイブルとしての漫画は多い。最近では『キングダム』がベンチャー界隈では特に人気が高い。 確かに組織論を考えるための良い素材であるし、歴史物の漫画は教養としても役に立つものが多い。 しかし、若手社会人にもっと読んで欲し…

外野からブラックと言われても自分たちが楽しければ、それはノイズなんだと思う

ブラック企業=労働時間が長い、給料が低い、とかそんなイメージをおおよそ持つ。 確かに客観的に見れば、良い企業に見えないのだろうが、この話はMECEではないと思う。 世の中には労働時間が長くて給料が平均より低くても幸せそうに働いている人たちが一定数…

セグメントは顧客でなくジョブで切るべきだと思う

マーケティングという行為において、多くの人は顧客ターゲットを設定し、ペルソナを想定し、カスタマージャーニーを策定する。 いわゆるセグメンテーションというものだ。 最近思うのが、このセグメンテーションと呼ばれるもののもつ意味だ。 本当にこれで良…