たぶんファーストキャリアは会社じゃなくて上司で選んだ方が良いと思う

ファーストキャリアはその後の人生を大きく左右する。

 

多分これは間違いない。現に今の僕も一社目での経験が大きく影響を与えてる。

 

じゃあ、どう選ぶべきなのか?

 

明確な答えはない。けれども、一つ言えることは、自分はこれを選ぶんだという意思を持った選択をすべきだと思う。

 

少し話はそれるが、明確に「自分がこれを選ぶんだ」という感覚を持つためには、その選択に自分以外の誰かの考えが少しでも入ることを拒むべきだ。

 

そう考えると、「会社を選ぶ」という選択は、多くの場合、自分の意図していない要素が混入する選択になる。

 

なぜならば、「会社」は自分の成長や行く末を左右する最小要素ではないからだ。

 

「会社」を自分の成長に影響を与える要素に分解すると「人」と「業務内容」になる。

※本当はもっと綺麗に分解できると思うが、面倒なので省略

 

そして「人」の中でも重要なのが「上司」だというのが個人的な意見だ。

 

「業務内容」は大きく分ければ、それなりに類推出来る。

 

しかし多くの「会社選び」において、「上司」を選択出来ない。

 

出来るのはアーリーステージのベンチャーやスタートアップくらいだと思う。

 

そして、個人的な経験則だが、ファーストキャリアが上手くいくかどうかは「上司」という運の要素で決まってる場合が多いと思う。

 

話を戻すと、ファーストキャリアにおいて重要なインパクトを与える「上司」という存在の選択を、ほとんどの人が選択する権利を放棄していることについて、危機感を持つべきだと思う。

 

どうやって「上司」を選択するかについてのアプローチはそんなに数は多くないと思うので、ここでは記載しない。

 

自分でここを選んだんだという感覚を本気で持ちたいのであれば、会社という名目的な選択ではなく、上司という実質的な選択が出来るように動くべきだと思う。