推しメンが卒業してから12日目に熱愛発覚した ~マーケ脳でレッツ現実逃避☆彡~

※この記事は筆者が自身の精神安定をはかるために執筆しております

 

(事の発端)

headlines.yahoo.co.jp

 

うん。おめでとう。

 

ほっこりするエピソードに元みさみさーくる民としては安心するばかりです。

 

99%野球選手と結婚するんだろうなとみさみさーくる一同思っておりましたので、内心ホッとしてたりもします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けど、卒業後12日目にして熱愛発覚()は流石にアレですわwwww

 

 

 

薄々思ってましたし、今は薄れたけど意外と乃木坂スキャンダルあるんで今更なんとも思わないす。(不倫事件発覚して紅白取り止めがあったので抗体が生成されてる)

 

推しメンながらも「野球選手の彼氏はいるんだろうな」と薄々思いながら、そこも踏まえた上で推してたので個人的には何の問題もないし、予想は当たったのでマーケター脳としては地味な嬉しさもあったりするわけです。

 

twitterは阿鼻叫喚ですが・・・

 

しかし、乃木坂46、いや坂道グループとしてマクロの視点で考えると色々考えてしまいます。

 

※本ブログを書くきっかけになったやり取り

f:id:HOOZM:20190412020325p:plain



結論として、26時過ぎに啜り泣きながら本ブログを書いてる僕は、「今回の一件は秋元先生の中で、”乃木坂46の若返り and 鮮烈なデビューを飾った日向坂46に舵を切るという決断をした”」という解釈(現実逃避)に至りました。

 

乃木坂46においては、みさみさに代表されるお姉さんメンバーからの脱却は急務ですし、本件で乃木坂離れが起こったとしても受け皿としての日向坂46(坂道グループ版"強くなってニューゲーム")があるので、秋元先生はむしろチャンスだと思ってこのカードを切ったのだと信じています。

 

この一手によって、”破壊と創造”を実現し、坂道グループというポートフォリオは更に強くなるのだと思います。

 

そう考えると、この一手のために自分の名誉を犠牲にした”みさ先輩の漢気”に感服するばかりですし、改めて敬意を表したいなと。

 

 

 

そろそろ落ち着いてきたので、駄文は打ち止めにします。現実逃避にお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

 

※結果として、全力で日向坂46を推すことを決意しました

 

f:id:HOOZM:20190412085551j:plain